.

 

私たちに関しては

Cappadocia Cave Suites

現代の快適さや豪華さと、ヒッタイト、ローマ、ビザンチン時代の家々や洞窟住居を組み合わせたユニークな洞窟ホテルです。
現代的な快適さと、ヒッタイト、ローマ、ビザンチン時代の家々や洞窟住居を組み合わせたユニークな洞窟ホテルです。カッパドキア・ケーブ・スイーツは、カッパドキア地方で最も美しく、特徴的な地域であるギョレメ村に位置しています。有名な妖精の煙突や、素晴らしい色鮮やかな地形と景観により、この地域では自然の素晴らしい世界が広がっています。最高級の宿泊施設と、世界的に有名なトルコのもてなしを楽しみつつ、ゆっくりと休息し、そしてこの歴史的な、不思議でロマンチックな風景を探索しに、ぜひお越しください。
認定証と受賞の実績
CSS World Wide

CSS World Wide

CCS-hotel-in-magazine
サンフランシスコ・エグザミナー

大昔のユニークな歴史と現代的な豪華さを兼ね備えたエキゾチックな場所をお探しなら、Bora Özkökの賞受賞の、千年以上も前に掘られた古代の洞窟に作られた36室のカッパドキア・ケーブ・スイーツが一番お勧めです。BBCやPBSといった旅行チャンネルで特集され、この類を見ないホテルは文化民俗ツアー ディレクター、Bora Özkökによって設計されました。当ホテルの広々とした客室の多くに外部窓があり、どの客室も個性的で、ジャグジーをお楽しみいただけます。数室の客室には美しい200年前の古い木造の天井があり、客室の一つはマルタ十字を示す8世紀に描かれたオリジナルのフレスコ画で装飾されています。ホテルからのギョレメ渓谷と妖精の煙突の景色は壮観です。
ユネスコ世界遺産公園内に位置するカッパドキア・ケーブ・スイーツからは、ハイキング、乗馬、バルーンフライトなどへ簡単にアクセスできます。この別世界の風景は、世界の自然の驚異の一つとされています。
また文化民俗ツアー(www.culturalfolktours.com)がご提供しております、すべてのツアーはこのホテルで実施されます。カッパドキア・ケーブ・スイーツの詳細につきましては、1-800-934-8875にて文化民俗ツアーにご連絡いただくか、www.cappadociacavesuites.com のホテルウェブサイトをご覧ください。

続きを読む...

レストラン

ヒストリア•レストラン

当ホテルのキッチンで調理し、朝食と夕食のビュッフェは種類豊富な地元料理や伝統的なアイテムご用意しております。朝食は午前7時から午前10時まで、夕食は午後7時から午後9時までお出ししております。昼食は、ご要望がございました場合にご用意させて頂きます。 ヒストリア•レストラン:メインレストランでは地元の食材や伝統への関心を反映しております。すべての食材は新鮮なものを厳選して選ばれます。レシピは、伝統的に正しいかどうかで選ばれています。メニューは、個別で注文したい場合にご利用いただけます。
サンセットカフェ:このテラスから、素晴らしい谷と夕日の景色を見ることができます。こちらのレストランでは、気軽なメニューとオードブルをお楽しみ頂けます。
ディオニソスワインの泉:カッパドキア地方の美味しいブドウから作られたワイン飲みながらお友達との語らいをお楽しみください。
スルタンバー:当レストランの豊かな音楽セレクションとともに、厳選のカッパドキアワインや国内および国際的なスピリッツやカクテルをお楽しみいただけます。
歴史

CCS 歴史

当ホテルの歴史についてご紹介いたします。この地域にはの多くのホテルがありますが、カッパドキア・ケーブ・スイーツは唯一一軒しかありません。
世界中が911事件の混乱に巻き込まれているさなか、ホテルや文化民俗ツアー会社の所有者であるBora Özkök氏は、カッパドキアの3 つの"妖精の煙突"から世界クラスのホテルの建築を手がけることで国外旅行には未来があるであろうと楽観的に再確認しました。
Bora Özkök氏は1998年に最初の要請の煙突を購入し、その両側にある妖精の煙突が取得可能になるまで待ちました。それぞれ複数の所有者に所有されていましたが、その後放棄され、トルコの不動産取得はそうそう容易ではありませんでした。3つ全ての妖精の煙突が統合される可能性が出たとき、修復作業が始まりました。このような困難な作業の良さの分かる建築家が厩舎、調理室、チャペル、および居住地として100年以上にわたって使用されていたこれらのケーブホテルの再建築に乗り出しました。
トラックがいっぱいになるほどのは廃棄物や破片が運ばれていきました。洞窟は凝灰岩と呼ばれ、玄武岩または他の火山岩の薄い層で覆われた連結火山灰の厚い層とされている、乾燥した硬い層の石まで掘り出されました。洞窟はまた、石が軽く、簡単な道具で切断することができるので、快適に過ごすために十分な高さを確保するために掘り出すことができました。
ギョレメの政府主催の歴史保存協会は、妖精の煙突の外装が変更されないよう指揮しており、これを念頭に置いて作業は、12人の従業員、最初の18室をもって完了し、2001年秋に旅行者たちにオープンすることができました。5年後にはホテルは21室までに拡大し、2010年までにはそのほとんどがスイートの36室を誇れるようにまでなり、オリジナルの部屋は改装されました。
Boraは、 "このプロジェクトに従事しようと思ったきっかけは何ですか?"と尋ねられた時、 "当時いい考えだと思ったんだ。" "ユニークなプロジェクトであり、建築家として訓練された私にとってそれは喜んで迎えた挑戦だったんだ" "その後、可能な限り最高の仕事をすることはさらに大きな挑戦だった" とBora氏は答えました。
風景に点在するこれらの円錐形の "妖精の煙突"は、ユネスコによって保護されており、もはやホテルにすることが許可されていません。という訳でカッパドキア・ケーブ・スイーツへの訪問者は、地質学また人間の両方の歴史をしのばせる、そびえ立った奇岩に囲まれるこれらの洞窟に宿泊することが出来て幸運なのです。
Bora氏が30年以上にわたり、毎年リードしてきたトルコのツアーにおいて、地域の芸術品や工芸品の多くのを収集しており、これらの類のない品々は、ホテルの各部屋に飾られて、各部屋がユニークになるために役に立っています。 家具は素朴で、この地域にぴったりです。ほとんどのスイートルームには、スパ用浴槽、リビングルーム、そして最新のホテルの利便性を備えています。細かい配慮がされ、各部屋には、一礼拝堂だった一部屋を含む様々な特徴があり、団体で一緒に旅行している場合は、あなたの仲間の旅行者の宿泊中の部屋を覗いてみると良いでしょう。
2010年に、最後の客室が完成し、最初の客室が改装された際に、新しく非常にモダンな調理室が追加されました。ここのスタッフは、典型的なトルコ料理を色々調理し、運が良ければ、料理の実演が進行中の際にケーブスイーツに滞在することがあるかもしれません。また、女性たちが典型的なトルコ人形の作り方を宿泊ゲストに実演中か、またはフォークダンスのレッスンが実施されているかもしれません。この地域で体験できる興味深い活動は多々あり、当ホテルのスタッフが地域に精通している、複数の言語を話すガイドを、運転手の有無に関わらず手配いたします。
全てのスタッフは、献身的で、気配りがよく、親切で、お客様に喜んで頂くために熱心です。景色は季節によって変わり、人々を惹きつけます。
一日だけの滞在であれ、一週間の滞在であれ、天気がよければ、ダイニングルームのテラスで朝食を取ったり、風がちょうどいい具合に吹いているなら、ギョレメ渓谷の上を風に乗って進むバルーンを観たり、様々な奇岩を楽しんだり、タイミングがよければ、岩岩からエコーして渓谷を渡って聞こえてくる地元ムアッジンからの祈りへのコールに耳を傾けたりしてみてください。
滞在を思う存分お楽しみ頂き、又の機会にぜひ再度お越しください。常にカッパドキア、そしてケーブ・スイートでは、新しい楽しみを見つけることができます。
カッパドキア・ケーブ・スイーツ

お問い合わせ先 Cappadocia Cave Suites

住所 : Gafferli Mah. Ünlü Sokak No:19 Göreme / Nevşehir / TURKEY
電話番号 : (+90 384) 271 28 00 (Pbx)
ファックス : (+90 384) 271 27 99
電子メール : info [アットマーク] cappadociacavesuites.com

 

Excellence Award - 2017

Traveller Choice

All right reserved for Cappadocia Cave Suites Hotel (CCS) - 2014
Design & Developed by: Kavakeb.net